虫歯治療

虫歯について

虫歯のメカニズムは、お口のなかの細菌が食べカスなどに含まれる糖分などを栄養にして、酸を排出することで始まります。その酸が徐々に歯を溶かしていくことで虫歯は進行していきます。

虫歯の初期段階では、そこまで痛みや違和感がありません。しかし、一度虫歯菌に侵襲されると加速度的に症状が進行してしまうのです。非常に硬い性質を持つ歯も、酸の影響には弱いといった特徴があります。そして虫歯が悪化してしまうと何もしていなくても常に痛みがひどくなってしまいます。

そうなる前の段階で早目の治療を行えば、痛みや苦しみが少ないまま改善できます。自分のお口の中に少しでも違和感を覚えた場合は、早めに当院までお越しください。

虫歯の進行

  • ①表面が少しだけ溶けている状態です。外からは白濁した状態で違和感も少ないことから自覚症状はありません。ブラッシングを徹底すれば改善可能な状態です。
  • ②歯の表面(エナメル質)が徐々に虫歯となり白濁や黒い斑点が見られることもあります。しかし、まだ痛みがなく自分自身では虫歯であることに気づかない方がほとんどです。
  • ③虫歯が象牙質まで進んでしまった状態です。象牙質は柔らかいため、ここまで到達すると一気に症状が進行します。飲み物を飲むと痛みを感じるといった知覚過敏が生じることもあります。
  • ④虫歯が歯髄(神経)まで進み、ズキンズキンとした痛みが起こってきます。この状態になってしまうと、ほとんどの場合神経を除去する「根管治療」が必要です。
  • ⑤歯槽骨が溶け、歯根のみが残った状態です。神経が死んでしまい痛みはなくなっていることがほとんどです。しかし、細菌はまだ繁殖を続けているため抜歯を行わなければなりません。

虫歯の予防

虫歯や歯周病の治療といえば症状が起こったら原因を取り除くといった対症療法的な治療が主流でした。しかし、近年そもそもの前段階として、治療自体を必要としない健康な口腔内を目指す予防歯科の考えが先進諸国を中心に広がっています。その要のひとつが「PMTC」を中心とした予防健診です。スウェーデンでは、国を挙げてPMTCの導入に積極的に取り組んだ結果、虫歯や歯周病の患者様が劇的に減少しました。

当院の予防治療

当院の予防治療は歯のクリーニングをして、「気持ちよくスッキリしたい」といった気軽な感覚で来ていただけることを目指しております。そうすることで、何か少しでも違和感を覚えた際に歯科医院へ行くという習慣が出来るからです。予防健診を受けていただいた方は、歯の残存数が行ってない方と比べると格段に多いという結果があります。健康な口腔内を維持するために一緒に頑張っていきましょう。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

歯科医師や歯科衛生士など歯科のプロフェッショナルによる口腔内のクリーニングです。PMTCを定期的に行うことでプラークの数が劇的に減り、虫歯や歯周病のリスクを限りなく少なくすることができます。当院では主に以下のような治療を行っていきます。

  • バイオフィルムの除去(プロによる徹底的な歯のクリーニング)
  • 歯の表面のわずかなデコボコを無くす為の研磨
  • シーラント(歯の溝をプラスチックで埋める)
  • フッ素コーティング(歯の表面に保護膜を形成)
  • 定期検査